早漏治療薬プリリジーレポート

世界初の内服による早漏治療薬プリリジーをご紹介します。プリリジーは一体どういう働きで早漏に効果があるのかそのメカニズムについてレポートをまとめてみましたので是非ご覧下さい。

早漏治療薬にプリリジーがおすすめ

早漏の治療薬にはプリリジーがおすすめです。
そのまえに早漏改善薬とはどういうものなのかを考えてみましょう。

早漏の原因を単純に考えると、感度が高すぎることが考えられます。
そのため麻酔スプレーのようなものを吹き付けることで感度を低下させ、射精しにくくするという早漏改善薬もあります。
ただこれでは感覚がなくなってしまい、自分が楽しめないという問題もあります。

早漏の原因は感覚が敏感すぎるからだけでしょうか。
実際にはそれ以外の要因もあります。
脳が興奮しすぎていることも大きな原因です。
プリリジーは飲むタイプの早漏改善薬で性的な興奮を適度に抑制する作用があり、射精までの時間をのばします。
主成分はダポキセチンという薬です。

脳内物質の中にはセロトニンという物質があります。
精神を安定させる働きがある物質です。
そのためダポキセチンはもともとは抗うつ剤としてつかわれてきました。
SSRI(選択的セロトニン再取り込み阻害薬)と呼ばれる抗うつ剤は、シナプスにおけるセロトニンの濃度が低下しないように再取り込みを阻害することで、その濃度をある程度高く維持させる作用があるのです。
ダポキセチンもSSRIの一種です。
うつ病の治療のためにダポキセチンを服用していた患者は射精にいたるまでに時間がかかるという声が多く聞かれたことから、これを早漏改善薬に使えないかと開発がおこなわれるようになりました。

早漏で悩んでいる人がプリリジーを服用することで射精までの時間を2~3倍程度遅らせることができるようになりました。
また早漏でない人がこの薬を飲むことで、射精までの時間がさらに延長されるのかといえばそうではなさそうです。
臨床実験でもこのようなことは確認されていません。

プリリジーを服用するときは性行為の1~3時間前がベストです。
薬によっては空腹時とそうでないときに薬の効果が左右されることがありますが、プリリジーにおいては効果に違いはほとんど関係ありません。