世界初の内服による早漏治療薬プリリジーをご紹介します。プリリジーは一体どういう働きで早漏に効果があるのかそのメカニズムについてレポートをまとめてみましたので是非ご覧下さい。

プリリジーとプリリジーについてまとめている本

早漏対策対策の早漏治療薬と前立腺肥大の関係

早漏は、性交渉を行うさいに射精までの時間が短かったり、意図せず射精してしまったりするものです。早漏は男性の悩みとしてさまざまな対策対策が考えられてきました。また早漏治療薬もひろく販売されています。
早漏治療薬に使われる薬の多くはED治療薬としても使えるものがおおくバイアグラやシリアス、レビトラなどが国内では有名な薬となっています。一方で専用に販売されている早漏治療薬としては、飲み薬としてはダボキセチンを主成分とした薬で射精までの時間をのばすことができます。またペニスに塗り感度を鈍くするかたちの早漏治療薬もあります。
ただし、早漏の対策対策をするさいに注意すべきポイントは、その薬がどのような働きをするのか、という点です。ED治療薬の場合には、勃起不全などを改善するものです。この場合にはペニスに対しての血流量を増やす効果があり、その結果、前立腺肥大に対しても効果があるとされます。
一方で射精を遅らせる対策対策をするものの場合には前立腺肥大などには効果がないとされます。こちらは勃起もして少しの刺激ですぐにでも射精してしまう早漏の状態を遅らせるために基本的にはペニス本体の感度を下げるためです。このため血流量を増やしたりするわけではないので、前立腺肥大などには特に影響しません。
なお、感度を低くする方法として局所麻酔効果のある薬を塗るというものがあります。代表的なのが痔の治療薬で、これらをペニスに塗ることで感度を下げることができ早漏治療薬としても使うことができます。
ただし早漏を治す上で重要なのが、あくまでも射精を遅らせることであり自身がそれらをコントロールできるようにすることですので、基本的には薬に頼るのではなく訓練を行って改善する必要があります。