世界初の内服による早漏治療薬プリリジーをご紹介します。プリリジーは一体どういう働きで早漏に効果があるのかそのメカニズムについてレポートをまとめてみましたので是非ご覧下さい。

プリリジーとプリリジーについてまとめている本

早漏治療薬と場数により女の早漏は克服できる?

早漏で悩んでいる女性相当といえば男だけの症状だと思われていますが、実は女の早漏もあるのです。
女性の場合は精液を放出するわけではなく、すぐにオーガズムを迎えてしまう状態です。
一般的に女性が絶頂を覚えるまでは、10分以上はかかると言われています。
しかし、女の早漏の場合では男性が挿入してから1分や2分といった超短時間でオーガズムを感じてしまうのです。
女の早漏に関しては、特に対策をする必要はありません。
すぐにイクということは感じやすい体質であり、女性にとって喜ばしいことでしょう。
男性側としても、少しくらい早漏でもパートナーが満足してくれれば嬉しいものです。

これに対して男の早漏は、絶対に治すべき症状だと言えます。
パートナーが1分で絶頂を迎えてくれるから、自分も早漏で構わないと考える男性がいますが、すぐに射精すると男性自身が十分な快感を得られないのです。
最低でも7分くらいはピストンをしてから射精したほうが、より高い快感を得ることができます。
SEXは場数を踏むことで、ある程度早漏を改善させることができます。
場数の少ない方ほど早漏の傾向があるため、SEXの頻度を増やしていきましょう。
30代くらいになるとSEXの場数も多くなり、ほとんどの男性は早漏ではなくなりますが、包茎で亀頭が敏感になっている方はその限りではありません。
早漏治療薬を服用して、亀頭の感覚を少し鈍くするといいです。
鈍くなることで挿入の持続時間が長くなり、長時間ピストンを続けられます。
飲むタイプの早漏治療薬は、個人輸入でしか入手できません。
クリニックでは経口タイプの早漏治療薬の処方はしていないのです。
日本ではまだ未承認なので、早漏治療薬を購入する方法は個人輸入だけなのです。